【茨城県で水回りのリフォーム3点セット!】メリット・デメリットや費用相場を解説│4つの注意点も紹介

【茨城県で水回りのリフォーム3点セット!】メリット・デメリットや費用相場を解説│4つの注意点も紹介

リフォームを検討していると「3点セット」という広告をみかけることがあります。
何となく安いのは分かる一方で、3点セットで依頼する場合にどんな特徴があるのかは分からないものです。

そこで本記事では「3点セットでの水回りリフォームの特徴」を解説します。

費用の相場や、安く抑える方法も紹介しているので、合わせて見てみてください。

「水回りのリフォーム 3点セット」って何?

「水回りのリフォーム 3点セット」って何?

>キッチンリフォーム:LIXIL シエラS

はじめに、水回りのリフォームで「3点セット」と紹介されるのはどんな場合か確認してみましょう。

風呂・トイレ・キッチン、まとめてリフォームすること

水回りにおける3点セットとは、一般的には「風呂・トイレ・キッチン」の3つを指します。

個別にリフォームする訳ではなく、一緒にリフォームを依頼することから、3点セットと呼ばれます。

なお、洗面台も含めて「4点セット」としてリフォームすることも可能です。

「水回りのリフォーム 3点セット」のメリット

「水回りのリフォーム 3点セット」のメリット

>浴室リフォーム:クリナップ アクリアバス

3点セットでリフォームすると、どんな良いことがあるのでしょうか。

個別にリフォームするより工賃が安くなる

1つ目のメリットは「工賃が安くなる」ことです。

風呂・トイレ・キッチンを個別にリフォームするよりも一緒にリフォームした方が、職人の手間を省くことができ、設備の搬入搬出も一日で終わるので、様々な点で節約を図れます。

結果として工賃が安くなり、工事費用を抑えられる点は大きな利点です。

>関連コラム:水回りリフォームの費用について解説します|おすすめ商品も紹介

まとめて発注することで製品単価が下がる

工賃とともに「製品の単価が下がる」こともメリットです。

設備を発注する時、個別に発注するよりも一括して発注した方が割引率が高くなり、1つ当たりの製品単価は安くなります。

こちらも工事費用の減額につながる利点といえるでしょう。

商品を選ばなくて良いのでリフォームが楽

新築やリフォームのとき、本来であれば商品の仕様や色を細かく設定する必要がありますが、3点リフォームの場合は商品が決められていることが多く「商品を選ぶ手間をかけずに済む」点もメリットです。

依頼すれば、該当する3点セットが現場の寸法に合うのか確認してもらい、粛々と工事を進めるだけなので手間を省けるでしょう。

私生活が忙しく、時間を節約したい人にもおすすめできます。

「水回りのリフォーム 3点セット」のデメリット

「水回りのリフォーム 3点セット」のデメリット

>トイレリフォーム:TOTO ピュアレストQR

一方で水回りのリフォームを3点セットで依頼すると、デメリットを感じる場合もあります。

リフォーム費用が高額になってしまう

1つ目のデメリットは「リフォーム費用の総額が大きくなってしまう」ことです。

セットでリフォームを依頼することになるので、どんなに安くても100万円は超えます。

「本当はキッチンだけリフォームしたかったのに、いつの間にか水回り全部交換することになってた…。」ならないよう注意が必要です。

リフォームの期間が長くなってしまう

まとめて依頼することで「リフォームの期間が長くなってしまう」こともデメリットです。

トイレを例にすると、設置環境にもよりますが一日で施工が完了してしまうのが一般的です。

しかし工期が長くなりがちなキッチンや浴室をリフォーム対象に含めると、工期は一・二週間ほどもかかってしまうでしょう。

設備にこだわるリフォームには向かない

3つ目のデメリットは「設備にこだわりたい人には向かない」ことです。

先述したとおり、3点セットリフォームが安価になるのは、業者が用意したキャンペーン対象のセット商品に限られます。

特定の設備だけ、他のメーカー・品番の商品を選択すると、スケールメリットを活かせずリフォーム費用が高額になってしまいます。

「水回りのリフォーム 3点セット」費用相場は?

「水回りのリフォーム 3点セット」費用相場は?

水回りのリフォーム3点セットを購入した場合、どの程度の費用を要するのでしょうか。

3点セットで100万円~

水回り3点セットのリフォームを依頼した場合、最低でも「100万円~」ほどの費用が必要になります。内訳は以下のとおりです。

  • 風呂:40万~
  • トイレ:20万~
  • キッチン:40万~

ただし、この金額は最も安価なグレードを想定したもので、リフォーム後に十分満足できる構成にした場合は、工事費を含めて200万円程度の費用が必要になります。

たとえば、茨城県で3点リフォームのセット工事を実施している東部燃焼では「商品代金+標準工事費180万円」で提供しています。

「水回りのリフォーム 3点セット」費用を抑える方法

「水回りのリフォーム 3点セット」費用を抑える方法

設備の使用を落とさずに、リフォームの費用を抑えたいと思う人は多いもの。何か手段はないのでしょうか。

国・自治体のリフォーム補助金を利用

1つ目の手段は「国や自治体が実施するリフォーム制度を利用すること」です。

たとえば2023年は「こどもみらい住宅支援事業」「給湯省エネ事業」など、水回りのリフォームにも使える補助金が用意されています。

こどもみらい住宅支援事業では、持ち家のリフォームの場合、最大30万円の補助金を受け取れます。

こうした事業は県・市町村といった自治体でも実施していることがあり、補助金の有無を確認することは確実に行っておきたいところです。

>関連コラム:【2023最新】給湯器交換に使える補助金「給湯省エネ事業」「こどもエコすまい支援事業」を解説

介護保険制度を利用

もしも現在介護保険制度において、要支援・要介護と認定されているなら、安全な自宅環境を整えるために「介護保険制度」を利用してリフォームできるかもしれません。

リフォームの際の支給限度額は20万円ですが、1~3割の自己負担に納まるため、認定を受けているなら利用しない手はありません。

「水回りのリフォーム 3点セット」依頼する場合の注意点

「水回りのリフォーム 3点セット」依頼する場合の注意点

最後に、水回りリフォーム3点セットを利用してリフォームする場合の注意点をお伝えします。

キャンペーンセットの場合商品を選べない

1つ目はセット商品のキャンペーンの場合は「商品を選べない可能性がある」こと。

メーカーや施工業者に在庫が豊富な製品は、売値を落としてでも販売したいのが業者の本音です。

逆に、人気で品薄の商品を選ぼうと思っても、キャンペーンの対象外になり割高な施工費用になったり、在庫が不足していてリフォームの納期が延びたりするでしょう。

洗面台のリフォームもまとめた方がいいかも

3点セットのリフォームを行う場合「他の水回りも一緒に交換」したほうが、長期的に見ると正しい選択かもしれません。

たとえば洗面台も、長く使用していると汚れが固まってしまったり、水の出が悪くなってしまっている可能性があります。

現時点で通常使用できていても、すぐに故障する可能性もあるので、一緒にリフォームすることも検討してみてください。

本来交換しなくてよい設備は交換しない

一方で「交換しなくてよい設備は交換しない」意識も大切です。

設備は一箇所新しくすると他の箇所も手を加えたくなるもの。しかし常に最新のものを購入し続けることはできません。

現在の生活で不満に感じている点を整理して、費用対効果に優れた選択肢を選びましょう。

水回りの使用できない期間があることを確認

工事期間中は「水を使用できない期間がある」ことも認識しておきましょう。

水回りのリフォーム工事を行う間は水道の元栓を閉じておく必要があります。
解体・水道の接続時など一定の時間ではありますが、全ての水道から水が出なくなる点に注意が必要です。

まとめ│一気にリフォームするなら三点がおすすめ

まとめ│一気にリフォームするなら三点がおすすめ

水回りのリフォームを検討中に見かけることのある「三点セット」について、メリット・デメリットや注意点を解説しました。

設備を自由に選択することはできませんが、セット内容に不満がなければ割安にリフォームできるでしょう。

もし、茨城県で水回り三点セットのリフォームを検討中なら、東部燃焼までご連絡ください。

>お問い合わせはコチラ

 

茨城県全域と近隣地域で “エコキュートについてのお悩み” をお持ちの方は、実績の豊富な東部燃焼(株)にご相談下さい。
リフォームに関する疑問や不安に、迅速、丁寧に対応いたします。またご家族の快適な暮らしを実現するリフォームプランを提案しております。
(ショールームでご相談希望の方は、ご用命頂ければお迎えにあがります!)

東部燃焼(株) お問い合わせ

電話番号:029-350-8001

オンラインでのお問い合わせはこちら